ヒトがヒトを想う。。不思議なご縁の繋がり2017/09/07

私のミニチュアを大好きでいてくれた孝子さん。毎年、阪急での展示会に足を運んでくれていました。その訃報を知ったのは孝子さんが天国に旅立たれてから半年後。孝ちゃんパパから送られてきた喪中の挨拶で知りました。今から7年前のことです。


孝ちゃんが天国に旅立ってからずっとメールを送り続けている孝ちゃんパパ
ブログ天国の孝ちゃんへのメールが本になりました。
ミニチュアが好きだった孝子さんのために、毎年、展示会の案内は、孝子さんと孝ちゃんパパの宛先で送らせてもらっています。

今年も最終日に孝ちゃんパパが展示会に来てくれました。
7年経った今でも、孝ちゃんパパの目からは涙が溢れて来ます。


最終日だったので、ほとんど作品は完売していたのですが
目の前に、孝子さんが好きそうなミニチュアBOXが奇跡的に残っていました。


孝ちゃんパパはそれを手にとり、また涙。。。
きっと孝子さんも一緒にミニチュアを見に来てくれてるんだと思いました。


そんな感動的なやりとりで、目がウルウルしていたところに
ひとりの女性がやってきました。
そして、ここにあったあのミニチュアはもうないのですか?と尋ねられました。


初対面にも関わらず、思わず孝ちゃんパパの話をしました。こんなに奥様のことを想われているなんて、彼女も一緒に目をウルウルさせてくれました。なんかもう初対面ではないような気がして、お話していると。。。


そこにまた孝ちゃんパパが「この本を読んでください」と3冊持って現れたのです。


もう二人でびっくり!!!魂が震えました。


共感してくれた彼女にその本を1冊渡しました。
ヒトとヒトのご縁って、こんな風に紡がれていくのだと思いました。



語り伝えるべき郷土の歴史2017/08/14

今、建て替え中の和歌山市駅!昔はこんな感じだったようです。

1枚目はいつの時代でしょう?↓

この写真は昭和45年頃です。↓

和歌山大学教育学部付属小学校研究機関誌「こども」51号〜こども風土記は、昭和45年に発行されたものです。
語り伝える郷土の歴史のひとつとして、この号には、戦争を知らないこどもたちに、パパやママがこどものころの戦争体験を語り伝える記事が特集されています。


私の母の記事も見つけました!ちょうど終戦記念日が明日なので、タイムリーな内容で、感慨深いです。戦争で焼け野原になった和歌山市内の写真や、その様子など、貴重な資料がいっぱい掲載されています。


これは永久保存版です!

阿弥陀堂だより♡2017/01/10

以前にある方からこのDVDを頂きました。心の奥底まで響いてくる素晴らしい作品です。何度もブログで紹介してるかもしれませんが、今一度!(笑)


この世に生きている私たちは、いつかあの世に行くことになるんでしょうけど。。だからこそ、今をどう生きれば良いのか?深く考えさせられました。一番大切なのは、自分が後悔しない日々を過ごすこと!日々、ただただ忙しいだけで、大切なことを見失わないように♡どんなに焦ってみても、みんな行き着く先は同じなんですから!
この映画とは直接関係はないですが、最近よく想うことがあります。病で苦しんでいる人たちを治療するにあたり、どんなに医学が発達したとしても、最終的に人を救うのは、高度な技術や薬ではなく、人が人を想う心や、何かを信じる気持ちなんじゃないかなぁ?と。。そういうことを気づかせてくれる人たちとのご縁に感謝します♡ありがとうございます!

朝顔の思い出♪わくわく2016/07/14

夏を愉しむ♪
今日は朝顔の鉢植えづくり(^^)/
大きさは。。こんな感じです。
朝顔と言えば、いつも思い出すのは。。夏休みの宿題!観察日記(えにっき)
終業式に重い植木鉢を引きずりながら家にもって帰ってきてましたよね?
夏休み中、枯らさないように毎日の水やりと観察が日課でした。


たしか。。母が大切に置いてくれていた思い出の玉手箱の中に『えにっき』があったはず!!あった!!あった!!ありました!!!
1ページ目は7月20日。。夏休みの始まりです。

8月3日 「わたしの あさがおは、はじめて1つさきました」
おぉぉぉぉぉぉ!押し花にして貼ってる!!!
初めて朝顔が咲いた日から、毎日、早起きして開花した花の数を数えてる私(@@)
小学一年の私を褒めてあげたい気分です(♡♡)
約半世紀前の化石みたいな貴重なものですから(笑)
他にも小学1年の夏休みの思い出がいっぱい詰まっています。大切に保存してくれてた母に感謝です♡自画自賛しながら感動ちう(((o(*゚▽゚*)o)))

今、私が夢中になっているミニチュアのモノづくりは。。。
思い出の詰まった時代に一瞬でタイムスリップできてしまうんです。
不思議な感覚ですけれど、見えない意識がどこかでしっかりと繋がっているということですね。

私が今やっていることの礎は。。子どもの頃から繋がっているということです。

曾祖父のことを想う♥️2015/09/06

この煉瓦づくりの建物は、かなりの歴史もの!残念ながらこの春に解体されてしまったそうです。和歌山市内では、このような歴史的建造物が耐震や修繕維持が難しいという理由から、売却され、解体されています(T T)
その昔、私の曽祖父が1921年に創始した和歌山無尽の本店として建築された建物だと知ったのは最近のこと。。。だからこそ、個人的には非常に思い入れがありました(T T)解体される前に、一目お会いしたかった。
1945年7月9日の和歌山大空襲で、和歌山城など市内の六割以上が焼け野原になったにもかかわらず、姿を残した数少ない建築物だそうです。

和歌山無尽は、その後、和歌山相互銀行和歌山本店、相互銀行から普通銀行へと変わり、紀陽銀行との合併に伴い銀行の看板を下ろすまで和歌山の金融の要として存在し続けてきたそうです。モダンな建築様式、壁には大型金庫が(@@)↓
こういう歴史的建造物がどんどん解体されていく中、せめて映像として残したい、多くの人に知ってもらいたい。『和歌山歴史的建造物映像の会』が熱い想いで活動を続けています。その発足人でもあり、代表を務められている建築家・中西重裕さん、関係者の方々に感謝しますm(_ _)m

おかげさまで。。。
会ったこともない、今は亡き曾祖父のことを想うなう!